オペラ歌手 大塚博章(バス歌手)のプロフィール

大塚博章のプロフィール

大塚博章プロフィール

大塚 博章

(おおつか ひろあき)

北海道岩見沢市出身。玉川大学芸術学科音楽専攻卒業。
二期会オペラストゥーディオプロフェッショナルコース修了。
第5回日本クラシック音楽コンクール最高位。
第42回日伊声楽コンコルソ第3位。
平成18年文化庁派遣芸術家在外研修員としてドイツ・ミュンヘンに留学。ヴォルフガング・ブレンデル、オスカー・ヒッレブラント各氏に指導を受ける。

二期会本公演では、ペーター・コンビチュニー演出「皇帝ティトの慈悲」、「椿姫」、「ジャンニ・スキッキ」、近年は「魔笛」ザラストロ、「トゥーランドット」ティムール、「ドン・ジョバンニ」レポレッロ、「パルジファル」ティトゥレル、「ホフマン物語」クレスペルなどの役に出演している。

新国立劇場では「サロメ」、「黒船」、「ペレアスとメリザンド」、「カルメン」、「トスカ」に出演する他、カバーキャストとして多くの公演に参加している。

びわ湖ホールプロデュースオペラでは、若杉弘監督の指揮で「エルナーニ」、「シチリア島の夕べの祈り」、「十字軍のロンバルディア人」に出演。世界的指揮者、ヴラディーミル・アシュケナージ指揮によるEUユースオーケストラの日本公演ではリムスキー=コルサコフ作曲のオペラ「不死身のカシュチェイ」に唯一の日本人キャストとして出演し高評を得る。
また、青島広志演出による「魔笛」ザラストロ役、ウリ・セガル指揮によるリゲティ「グラン・マカブル」アストラダモルス役、クリスチャン・ハンマー指揮、シュテフェン・ピオンテック演出によるワーグナー「パルシファル」グルネマンツで出演し、いずれも高評を得る。

06年、日本・フィリッピンの国交回復50周年を記念したコンサート「マダム・バタフライ」に出演するほか、当時の麻生太郎外務大臣の出席する国交回復記念式典にて国歌を独唱。

コンサートでは日本各地でベートヴェン「第9」「荘厳ミサ」、モーツァルト「レクイエム」、ヘンデル「メサイア」、ハイドン「天地創造」などに出演。

ヨーロッパではミュンヘンでフィルハーモニー・ダカーポのモーツァルト「ミサ・ブレビスKV192」やバッハ「クリスマス・オラトリオ」に出演し高評を得る。

二期会会員。


大塚博章公式ホームページは2006年3月よりスタートし、2014年5月にリニューアルいたしました。
今後もコンテンツを充実させていく予定ですので、是非頻繁に訪れてください。
尚、当ホームページは有限会社クライスにて運営管理を行っておりますので、ホームページについて不明な点などございましたらinfo@kreis.co.jpまでお問い合わせ下さい。
尚、サイト内の文章や画像等の無断転載を禁じます。

オペラ歌手(バス歌手)大塚博章オフィシャルサイト:http://otsuka-hiroaki.kreis-co.info