大塚 博章

(おおつか ひろあき)

出身:北海道
血液型:AB型
趣味:スキー、麻雀

玉川大学芸術学科音楽専攻卒業。
二期会オペラストゥーディオプロフェッショナルコース修了。
第5回日本クラシック音楽コンクール最高位。
第42回日伊声楽コンコルソ第3位。
平成18年文化庁派遣芸術家在外研修員としてドイツ・ミュンヘンに留学。
ヴォルフガング・ブレンデル、オスカー・ヒッレブラント各氏に指導を受ける。

「魔笛」ザラストロでオペラデビュー後、「フィガロの結婚」フィガロ、「ナブッコ」ザッカリア、「アイーダ」ランフィス、「カルメン」エスカミーリオ、 「ボエーム」コッリーネなど、最近では新日本フィルの定期公演でクリスチャン・アルミンク指揮「薔薇の騎士」に警部役、青島広志演出による「魔笛」ザラス トロ役、ウリ・セガル指揮によるリゲティ「グラン・マカブル」アストラダモルス役、あらかわバイロイト音楽祭ではクリスチャン・ハンマー指揮、シュテフェ ン・ピオンテック演出によるワーグナー「パルシファル」にて難役グルネマンツで出演し、いずれも高評を得る。

びわ湖ホールプロデュースオペラでは、若杉弘総監督の指揮で「エルナーニ」ヤーゴ、「シチリア島の夕べの祈り」プローチダ、「十字軍のロンバルディア人」ピッロに出演。プローチダでは新聞各紙より高評を得る。

二期会本公演では、ペーター・コンビチュニー演出「皇帝ティトの慈悲」、「魔笛」、「椿姫」、「ジャンニ・スキッキ」に出演。

新国立劇場では「サロメ」、「黒船」、「ペレアスとメリザンド」に出演。

世界的指揮者、ヴラディーミル・アシュケナージ指揮によるEUユースオーケストラの日本公演ではリムスキー=コルサコフ作曲のオペラ「不死身のカシュチェイ」に唯一の日本人キャストとして出演し高評を得る。

06年、日本・フィリッピンの国交回復50周年を記念したコンサート「マダム・バタフライ」に出演するほか、麻生太郎外務大臣(当時)の出席する国交回復記念式典にて国歌を独唱。

コンサートでは日本各地でベートヴェン「第9」「荘厳ミサ」、モーツァルト「レクイエム」、ヘンデル「メサイア」、ハイドン「天地創造」などに出演。

ヨーロッパではミュンヘンでフィルハーモニー・ダカーポのモーツァルト「ミサ・ブレビスKV192」やバッハ「クリスマス・オラトリオ」に出演し高評を得る。

二期会会員。